山本七平の書籍を徹底紹介します。

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか |山本 七平 /イザヤ・ベンダサン

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか
イザヤ・ベンダサン 山本 七平
祥伝社 (2005/01)
売り上げランキング: 18,655
おすすめ度の平均: 5
5 日中関係に於ける日本側の問題点
5 これからの300年も古くならない、ああ、山本七平氏

【私の評価】★★★★☆


■著者紹介・・・山本 七平

 1921年生まれ。青山学院高商学部卒。戦時中は、砲兵少尉として
 フィリピン戦線を転戦。戦後、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の
 翻訳出版に携わる。著書多数。

●日本人は信用できない、理解できないという外国人が多いようです。

 私は、日本人ほどお人好しで、正直な国民はいないと思うのですが、
 これはどこから来るのでしょうか。

 それにはまず歴史をさかのぼる必要があるでしょう。

●この本は、1972年に書かれたもので、
 この年に、日中国交正常化が行われています。

 そしてその陰で、日本と台湾の間で締結されていた日華平和条約は
 一方的に破棄されました。

 ここで著者は、日中国交正常化は、
 日本人の特性を理解した中国の上手な世論操作と、
 原則よりも空気に流される日本人の特性が出ているとしています。

 ・では一体秀吉はなぜ朝鮮に攻め込んだのか?・・・
  日本がなぜ中国に進攻し、どういう理由で南京攻略をやったのか?
  なぜ真珠湾を攻撃したのか?なぜ田中首相と新聞記者の大群が北京へ
  飛んだのか?・・・外相の一片の声明で日華平和条約を破棄しても
  一言の反論も疑問の提示も起こらぬのか?(p171)

●こうした日本人の特性は、歴史において
 多くの理解不能の出来事を引き起こしているのですが、
 その一つに、虐殺の真偽について話題の多い、
 日中戦争における南京攻撃があります。


●著者は、南京攻撃の本質の問題として、
 日本が中国に提案した無条件降伏ともいえる提案について、
 中国が受諾することを12月8日に確認したのに、
 12月10日に南京城総攻撃を開始したことが理解不能としています。

 ・南京事件に関する「虚報」と、事件の本質との関係・・・
  「ポツダム宣言に等しきものを提示しておいて、相手がそれを
  受諾すると通告したら、提示した本人がいきなり総攻撃を
  開始した」というこの問題の「核」ともいうべき事実(p48)

●つまり、強盗に「金を出せ」と言われたから金を渡したら、
 殺されてしまった、というようなわけです。

 そして、南京陥落を称える当時の新聞の論調などから
 南京攻撃は当時の国民感情からきたものであると分析しています。

 ・近衛公の手記に「とかく我国の外交論には感情論が多い」という
  嘆息がある。・・・「評論家」であるべきはずの新聞が、逆に
  「感情」の代言者となった。それは南京陥落を報ずる新聞の狂態
  ぶりによく表れている。(p45)

●こうした日本人の原則のなさは、「人の命は地球より重い」
 (実際は地球のほうが重いのですが・・・)
 といった理由で、法律を曲げてでもハイジャック犯の言いなりに
 なってしまうという事例にも表れていると思います。

●やや難しい本ですので、二度読み返しましたが、
 日本人の特徴である、感情が原則よりも優先してしまうという欠点を
 十分にかみ締めることのできる一冊だと思います。
 ★4つとしました。


PS:山本 七平氏を本のソムリエ認定優良作家に追加しました。
優良作家⇒ http://www.1book-day.com/books-writer.htm

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・琉球は「両属の国」である。しかし日本は廃藩置県と同時に、
  これを一方的にまず鹿児島県へ編入した。・・・[1880年]
  に出来上がった協定は「沖縄分割案」で、それでは宮古・八重山
  両群島は中国領であって日本領ではない。日本側はこれを承認し、
  中国側は拒否した。・・・こういう問題を、何らかの機会に法的に
  決着をつけておかないのは、日本の「悪しき伝統」の一つかも
  しれない。(p263)


 ・理念としての「中国」と現実に中国大陸を支配している「中国」
  との二重映像が、絶えず日本人を躓かせるのであって、明治以降の
  日中交渉史は、実にこの躓きの歴史である。日本人は絶えず
  「中国に裏切られた」と感ずる。(p103)

▼引用は、この本からです。
「日本人と中国人」山本 七平、祥伝社社(2005/1)¥1,000
【私の評価】★★★★☆

【山本七平の経歴】
1921年生まれ。

青山学院高商学部卒。戦時中は、砲兵少尉としてフィリピン戦線を転戦。

戦後1956年、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。

1970年、イザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』が山本書店より発売される。なお、イザヤ・ベンダサンは山本七平本人である。

1991年死去。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら