山本七平の書籍を徹底紹介します。

人間集団における人望の研究―二人以上の部下を持つ人のために |山本 七平

人間集団における人望の研究―二人以上の部下を持つ人のために
山本 七平
祥伝社 刊
発売日 1991-02
価格:¥540(税込)




違和感のない論旨、やはり我々の文化 2005-06-13
日本では平等主義的な発想は常識的な日常生活の中にも現れます。そこで為政者を選ぶのは人民の意思であり、これが天の意思であるという考え方があり、為政者は本来、自然発生的に「だされる」人と説かれます。こうした元の考え方を知ると、社会に親和性の高い生活態度が得られるような気がします。
「だされる」人はどうやって選ばれるか、それが「人望」であり、「人望」というものは、日本社会においては伝統的に不可欠の資質であり、西欧社会でも同様の価値観が見られます。この人望=「常識」を高めることであり、「常識」は社会の相互評価の基準であり、生活を営む基礎。従って、社会文化を向上させようとするときに、人望を得ることは当然の前提となる、ということです。
では、どうすればこの「人望」を高めることができるか。「「克伐怨欲」を脱し、率直に自分を表現し、七情を抑制し、「中か己を恕す」という形で自分に甘えることなく、それによって支えられる、つまらぬプライドを除く。九徳を目標とし、最終的には「緊矩の道=徳」を目指す。同時に現実の生活における何らかの高い技能を身につける。現代社会は機能集団によって支えられる社会だからである。」
こう書くと、何が何だかわからないと思われますが、要は日本人の伝統的な人格者の価値観に沿った自己の資質を高める努力そのものが、「常識」の質を上げていく、ということです。そして、自分の「働くところ」を知り、常に一定して変わらぬ法則に照らして行うという方法、生き方の基本を中心に据え、そこでの能力を高めていく、こうすれば「人望」が高められていく、と山本氏は説いています。全体として違和感のない論旨、無意識的に感じてきた社会の「人望」というものが割りに明確になったような気がします。  


■続きを見る
powered by 【無料】アフィリページ自動生成ツール

この記事は2006/8/29に作成しました。

【山本七平の経歴】
1921年生まれ。

青山学院高商学部卒。戦時中は、砲兵少尉としてフィリピン戦線を転戦。

戦後1956年、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。

1970年、イザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』が山本書店より発売される。なお、イザヤ・ベンダサンは山本七平本人である。

1991年死去。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら