山本七平の書籍を徹底紹介します。

「孫子」の読み方 |山本 七平

「孫子」の読み方「孫子」の読み方
山本 七平
日本経済新聞社 刊
発売日 2005-08
価格:¥680(税込)




最高の「孫子」解説書 2006-07-12
「孫子」だとか、「君主論」だとかのいわゆる古典は、原典(翻訳も含む)にあたるのがよいことがわかってはいても、そのとっつきにくさについ解説本に頼ってしまう。しかし解説本は解説者の解釈が入っているため、その解釈の妥当性、あるいは読者とのフィットの有無が問われることになる。当然ビジネスマン向けの解説書と、実際の戦争に向けての解説書では、フォーカスの当て方が異なって当然である。
ビジネスマン向けの解説書として、本書は他の解説書にあるようにあまり「親切」にビジネスにとってのインプリケーションを押し付けることもなく、かといってよく考えて読めばビジネスへの幅広い応用を可能にするような解説がなされている。孫子解説書の中では最も私にフィットした本であった。


■続きを見る
powered by 【無料】アフィリページ自動生成ツール

この記事は2006/8/29に作成しました。

【山本七平の経歴】
1921年生まれ。

青山学院高商学部卒。戦時中は、砲兵少尉としてフィリピン戦線を転戦。

戦後1956年、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。

1970年、イザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』が山本書店より発売される。なお、イザヤ・ベンダサンは山本七平本人である。

1991年死去。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら