山本七平の書籍を徹底紹介します。

「常識」の研究 |山本 七平

「常識」の研究
山本 七平
文藝春秋 刊
発売日 1987-12
価格:¥460(税込)




『空気の研究』との比較 2006-06-03
 この著者の「空気の研究」は、目からうろこの想いがした。この本のレビューに詳細は書いておいた。
 ほぼ同時期に書かれたこの書は。書名のとおり、「常識的な線」にとどまり、残念ながら、新規制に乏しい。
 もちろん「常識」とは、不特定多数のおおよその合意点という意味と、自分の意見の根拠のない裏づけとの二つの側面があるが、そこから更に、何かが引き出せるのか。
 今ひとつ、腑に落ちないままであった。
 


■続きを見る
powered by 【無料】アフィリページ自動生成ツール

この記事は2006/8/29に作成しました。

【山本七平の経歴】
1921年生まれ。

青山学院高商学部卒。戦時中は、砲兵少尉としてフィリピン戦線を転戦。

戦後1956年、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。

1970年、イザヤ・ベンダサン著『日本人とユダヤ人』が山本書店より発売される。なお、イザヤ・ベンダサンは山本七平本人である。

1991年死去。


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら